Garrozze(ガローツェ)とは?

誕生の経緯

Garrozzeの誕生の経緯

【Garrozze(ガローツェ】とは、賃貸のガレージハウスです。ネーミングは「garage(ガレージ)」から、派生した造語です。
もともとは、(株)アップルのグループ企業の不動産総合コンサルティング会社の三光ソフラン株式会社の企画したコンセプト型賃貸物件として建築されました。
 
近年、社会の余暇の過ごし方の重要性が注目されてきました。それに賛同し、オンとオフをしっかりとメリハリをつけ、自分の好きな趣味とともに生きることを、そのスペースと居住空間を一緒にする事で実現したい人が増加しております。
 
このようなアクティブ、ポジティブな人生を満喫したい人々の需要にこたえる為に、企画されたのが、ガレージハウスで、そのブランド名が「Garrozze(ガローツェ)」となったのです。

スタイリッシュな外観

外観の特徴

Garrozze(ガローツェ)の特徴のひとつとして、あげられるのは、まず、洗練された外観です。重厚感のあるブラックを基調としていますが、そこかしこに「和」、又は「自然」のテイストを組み込んでおります。ガレージですので、視界には車など機械類の金属的なものが、どうしても入るわけですが、「和」、「自然」のエッセンスを外観に取り入れることで、心の安定をもたらしてくれます。

ゆとりのガレージ

ゆとりのガレージ

Garrozze(ガローツェ)のガレージ部分は、間口を広く作るのは当然として、天井高も十分に確保できるよう配慮しています。スペース的には車2台を駐車することが可能な広さはあります。(物件により異なります。また、駐車する車の大きさにより異なります。)しかし、粋な使い方は、車一台を置き、それ以外の余裕のスペースでは、車いじりの作業スペースにしたり、ちょっと距離を置いての鑑賞のために活用するのが良いようです♪

心地よい住空間

心地よい住空間

Garroze(ガローツェ)は、ガレージハウスであるということは、上記で十分にご理解いただけたでしょう。そして、ここでは、ガレージ部分ではなく居室部分の居住性について、ご説明します。ガレージハウスですので、ガレージ部分のことを多く語りがちになりますが、オフタイムの快適さをより引き立てるには、居住性が良いことが、必須ポイントです。
Garrozze(ガローツェ)は、居室部分にもこだわっております。採光を確保するためのサッシは通常の1間分よりも広いワイドタイプサッシを採用したり、角住戸には、スリット窓を設置し足りしています。キッチンやバス、トイレなどの設備も充実です。システムキッチン、シングルレバー蛇口、独立洗面台、追い焚き機能付き浴槽、温水洗浄便座等、今の人気設備のニーズをしっかり反映したお部屋なのです。
 
※物件、居室によって仕様の違いがあることがあります